ヒプノセラピーを学ぶと、人生が変わる4つの理由(3/4)

ヒプノセラピーの講座を数日間受けて、資格さえ取得すれば、プロの催眠療法士として、心をいやす催眠療法ができるのでしょうか?

クライアントさんの心を癒し、望む方向に人生を変える催眠療法ができるためには、資格以上に大切なものがあります。

資格だけでなく、催眠療法の本質をわきまえ、実績があり、信頼できるプロの催眠療法士から学ぶのが一番です。

理由その3:
日本で1人だけのプロの催眠療法士から学べます

講師の中野日出美は、この講座の認定団体である、国際催眠連盟(IHF)、米国催眠療法協会(ABH)、および国際セラピートレーニング協会(ITTO)から、「マスター・インストラクター」の認定資格を取得しています。

「マスター・インストラクター」とは、インストラクターを養成できる資格、つまり、インストラクターのインストラクターのこと。現在、この3つの催眠団体から「マスター・インストラクター」の認定資格を得ている日本人は、中野日出美、ただ1人です。

中野日出美

こんにちは。
この講座の講師をつとめる中野日出美です。
このように3つの催眠団体からマスター・インストラクターという栄誉ある資格をいただいていることは大変名誉なことだと感じています。ヒプノセラピーを教えるプロの中のプロだと自負しています。

しかし、それ以上に私が本当の意味でお伝えしたいのは、私が持っている資格ではないのです。

催眠療法士を選ぶ時、資格以上に大切な3つのポイント

あなたがもし催眠療法に興味を持っていて、もしいつか催眠療法というものを受けたい、学びたいと思っているのなら、ぜひ覚えておいていただきたいのです。

日本においては、まだまだ催眠療法士の能力に大きな格差があるのが現実です。
実は、資格を持っているからと言って、すべての催眠療法士やインストラクターに、実績や信頼性があるとは限りません。

ですから、催眠療法を受ける場合には、催眠療法士や講師に、資格だけではなく、次の3つの点を、しっかりと確かめましょう。

1.催眠療法士として、確かな実績がある

信じがたいことですが、日本にはわずか数日のトレーニングだけで、安易に難しいセラピーを提供している人もいます。

例えば、年齢退行療法はアメリカでは州によって、医師などの医療資格がない人の施術を禁じているような難しい療法です。ところが、日本ではそのような取り決めが、今のところ整備されておらず、誰でも簡単に提供してしまえます。

実際、ヒプノセラピストとしての資格を持っていても、実際のセッション経験がほとんどないため、セラピスト自身が自信を持てないまま、開業しているケースや、問題に対処しきれず、クライアントの問題を増大させてしまうケースもあります。

このような、にわかセラピストから深いセラピーを受けると、場合によっては再トラウマになるなど、心や体に悪影響が出る場合もあります。あなたには、こんな被害にあって欲しくありません。

2.催眠療法士がしっかりと癒されている

他人様の心や人生に触れるセラピストは、自分がしっかりと癒されており、自分の人生を自分の手でコントロールできている必要があります。それで、初めて他人様の人生をより素晴らしいものにシフトするお手伝いが出来ます。

しかし、自分自身が癒されていないセラピストの場合は、クライアントさんを、依存させて、思い通りに操作しようとしたり、権威を濫用して、相手の心を傷つけたりすることもあります。ご注意ください。

3.催眠療法士が人間として信用できる

このようなセラピストを見分けるには、まず、そのセラピストの周囲との関係性をみてみるとわかりやすいでしょう。

真に癒され、自分の人生をコントロールし、自分だけではなく、他者と協力し合いながら生きられる人は、まず自分に一番近い周囲の人たちとの関係が良好です。それは、たとえば親であったり、子どもであったり、配偶者であったり、友人であったり、会社の同僚であったり、兄弟であったり・・・

そのように、人間として信用でき、信頼できるセラピストを選びましょう。

中野日出美の主な資格

  • 国際催眠連盟(IHF)認定マスター・インストラクター(日本初)
  • 米国催眠療法協会(ABH)認定マスター・インストラクター
  • 国際セラピートレーニング協会(ITTO)認定マスター・トレーナー(日本初)
  • 米国催眠士協会(NGH)認定インストラクター
  • 米国催眠士協会(NGH)認定ヒプノセラピスト
  • 国際催眠連盟(IHF)認定ヒプノティスト
  • 米国催眠療法協会(ABH)認定ヒプノセラピスト
  • 国際セラピートレーニング協会(ITTO)認定クリニカルヒプノティスト
  • 日本心理学会認定心理士
  • 米国NLP(TM)協会認定NLPトレーナー
  • 米国NLP(TM)協会認定NLPマスタープラクティショナー
  • NPO法人日本心理コミュニケーション協会 教授
  • 国際交流分析協会 正会員
  • 日本交流分析学会 正会員
  • 愛玩動物飼養管理士

名城大学 人間学部での「現代催眠」講義風景

前世療法 137回の前世を持つ少女著 書

  • 『前世療法 137回の前世を持つ少女』(総合法令出版)

主な論文

  • 『退行療法を用いた脚本分析と再決断に関する考察』
  • 中野先生の経験談等が楽しく、勉強になる。暗示文へのコメントが、その場で全員のを考えていたのがすごいと思った。今後ともよろしくお願いします。先生のセッションもいつか受けてみたい。

(東京都 40代 男性)

  • 講師の先生は、すべての事例に的確に沢山の引き出しを持っていて、それぞれの人へのデザインをされ、心にそっと寄り添ってくれました。ありがとうございました。

(鹿児島県 40代 女性)

  • ヒプノセラピーに対する先生方の真摯な気持ちが伝わり、このスクールで良かったと思いました。とても良い勉強になりました。これからも宜しくお願い致します。

(埼玉県 30代 女性)

  • 全て本物の魂と経験と情熱のこもった授業でした。心にストーン!と入りました。ありがとうございました!

(宮城県 30代 女性)

  • 本物(?!)のプロとしての先生の心構えや知識、ご経験の深さに実に触れることができて、とても信頼して今後も実に学ばせて頂きたいです。

(東京都 50代 女性)

  • プロフェッショナルな先生方の姿勢に感銘を受けました。正しい知識を得る門が開かれたことに興奮しています。

(愛知県 40代 女性)

  • 心から尊敬できる講師の先生に会えて、そして、学ばせて頂いて、とても感謝しています。本当にありがとうございました。今後共、またよろしくお願いします。

(石川県 40代 女性)

  • 数あるスクールの中でも、今回こちらで学ばせていただき、本当によかったと思います。お2人の先生の情熱とプロフェッショナルさが、授業の内容と同じくとても感動し、自分ももっと勉強を頑張ろうという気持ちになりました。ありがとうございました。

(東京都 30代 女性)

最後に、この講座でヒプノセラピーを学ぶと、人生が変わる理由の4つ目として、他にはないヒプノセラピーの学び方があります。

ヒプノセラピーをビデオ通信講座で学ぶ 大きなメリットについて、ご説明します。

続きを読む

▲このページのTOPへ