【上級】ヒプノセラピー・プロフェッショナル講座(5日間):IP09

国際催眠連盟(IHF)認定講座2020年9月26~27日、10月2~4日

講座は、国際催眠連盟(IHF)認定講座です。

ヒプノセラピー・マスター講座で学んだヒプノセラピーの実践的な知識と技術をもとに、さらにヒプノセラピー催眠療法)についての専門的な知識とテクニック、中でも特にパーツ・セラピー(副人格療法)を中心に学びます。

5日間の講座を修了すると、ご希望の方は国際催眠連盟(IHF)の"Hypnotherapist"資格の認定を受けることができます。(国際催眠連盟認定のヒプノセラピー・マスター講座を受講し、"Master Hypnotist"の認定を受けていることが必要です。また、修了試験があります。)

この資格は、ヒプノセラピー・ベーシック講座およびヒプノセラピー・マスター講座でのトレーニングを含めて、合計150時間のヒプノセラピー(催眠療法)のトレーニングを受けた証として、国際催眠連盟(IHF)が認定するものです。国際催眠連盟(IHF)の教育カリキュラムの中では、レベル3のトレーニングに相当します。

国際催眠連盟(IHF)Hypnotherapist資格認定書
国際催眠連盟(IHF)Hypnotherapist資格認定書

日本では初めて、ヒプノセラピー専門スクールである当スクールが、この講座を開催いたしました。これにより、日本ではまだ紹介されていなかったヒプノセラピーの本場である米国のカリキュラムを、日本の方々にもご受講いただけるようになりました!

ご参加いただきたい方

  • 当スクールのヒプノセラピー・マスター講座 を修了し、さらにヒプノセラピーを専門的に学びたい方
  • 国際催眠連盟(IHF)認定の"Master Hypnotist"資格を有する方

(精神科、心療内科などの治療を受けている方、完治されていない方のご受講はご遠慮ください。)

講座レベル

  • 上級

講座の内容

プロのヒプノセラピストとして活躍するためには、クライアントさんのニーズを的確に捉えるカウンセリング技術と、クライアントさん自身の「癒し」や「気付き」により行動の変容がもたらされる高度で専門的な複数のセラピー・テクニックを、身につけておくことが必要です。

状況に応じてそれらを使い分け、柔軟に組み合わせることにより、ヒプノセラピストは、クライアントさんが抱える様々な問題を解決する支援ができるようになるのです。

この講座は、国際催眠連盟(IHF)が定める国際的な標準カリキュラムに準拠しています。そのため、催眠療法のプロフェッショナルとして活躍するために必要なヒプノセラピーの専門的な知識と技術を、無理なく体系的に学ぶことができます。