前世療法 137回の前世を持つ少女

インナーアクセスヒプノセラピースクール代表 中野日出美の著書『前世療法 137回の前世を持つ少女』は、ある中学生の1人の少女との長い年月にわたる前世療法のセッションの記録です。

少女は人並みはずれた被催眠性を持っていました。数十回におよぶセッションの中で、ある時、彼女のハイヤーセルフは彼女の魂が人間として137回の転生を繰り返していると言いました。

彼女の高次なるハイヤーセルフはセッションの中で、次元の高いメッセージをたくさん私たちにもたらしてくれました。

その中でセラピストである私も数々のメッセージをいただきました。そのメッセージは他の人は知る由もない非常に個人的なものでした。

数十回のセッションから得た気づきと学びは、彼女の人生だけではなく私自身の生き方をも変えるものであったのです。

彼女の高次なるハイヤーセルフのメッセージは、生まれてきた意味と生きることの理由を、私たちに教えてくれています。

それは私と彼女だけではなく、全ての人に共通するメッセージです。

これらのメッセージを、1人でも多くの人と共有することが、私と彼女の今回の人生の課題の1つであると私たちは確信しています。

この本の内容は、もともとはブログとメルマガでご紹介していたものです。ブログとメルマガの段階では、ドキュメンタリー形式の体裁でしたが、出版にあたり大幅な加筆をして小説風に仕上げられています。

ブログでは説明しきれなかった少女の風情や私の心情、それぞれの前世のエピソードなどを盛りだくさんに書き込みました。

この本では彼女の11の前世と、12人の前世の人物を紹介しています。それぞれの前世が深い意味を持ち、12人それぞれの人物の人生はかつて生きた生々しい迫力を持っています。

ブログでたくさんの方から反響をいただいたチェチュンの章では、ブログやメルマガでご紹介しきれなかったチェチュンの作品やエピソードをびっしりと書き込みました。

前世療法にご興味をお持ちの方、ヒプノセラピすとを目指される方だけではなく、今回の人生の途上で、傷つき、疲れ、生きる意味を見失った時、大切な存在を失ってしまった時などにも読んでいただきたい1冊です。

彼女とのセッションは現在も進行中です。この本ではご紹介できなかったたくさんの前世はブログ、メルマガで今後もご紹介していきたいと思っております。

まずは、手にとってパラパラとめくっていただけたら幸いです。きっと、あなたの目にとまる1つの言葉があると思います。

それがあなたの人生を大きく変えるヒントとなってくれることが、著者である私にとって何よりの喜びです!

読者の方からのご感想

読後、最初に浮かんだ言葉は、「やばい」でした

今、『前世療法 137回の前世を持つ少女』を読み終わりました。

日出美先生なら、誤解をせずに受け止めてくださると思い、私が感じたことを、そのまま書かせていただきますね。

実は、読後、最初に浮かんだ言葉は、「やばい」でした(笑)

私は、メルマガをずっと読ませていただいていたので、彼女の前世の記録そのものは、既に知っていたはずなのですが、メルマガで少しずつ読むより、本となって一気に読む方が迫力というか、勢いが、全然違っていて、本当に楽しく読ませていただきました。

そして、読み終わって、本を閉じて、ふぅーと息を吐いた後、「やばい!」となったんです。

その理由は、ストーリーの合間合間に、見え隠れしていたヒプノセラピーに対する日出美先生の強い想いが、ドーンと伝わってきたからだと思います。

本を読むと、先生が同じクライアントでも、いろいろな誘導法を使いいつも、その時に一番ベストなセッションをしようと努力されていることや、どんなに動揺するような話が出ても、常に冷静に『クライアントのためのセラピー』を忘れずにいることが良く分かります。

また、本では、ハイヤーセルフからのメッセージを真摯に受け止められている様子や、他のヒプノセラピストに対する率直なご意見なども書かれていました。

この本には、前世療法というものを紹介するだけでなく、先生の人間としてのエネルギーや、セラピストとしての誇りがいっぱい詰まっていました。

そして、私は、そのことを、予測せずに読み始めてしまい、(しかも一気に(笑))読み終わった後、そのドーンと届いた先生の想いに、「まずいぞ」というか、「やばい」となりました。

昨年、初めてヒプノセラピーの入口に立ったばかりの私です。ヒプノセラピーを語れるだけの知識なんて持っていませんが、今回この本を読んで、『いい加減な気持ちでは、絶対にできない』ということだけは、しっかりと受けとめました。

私が初めて会ったヒプノセラピストが、日出美先生で本当に良かったです。

出会えた奇跡に、心から感謝しています!